top of page
検索
  • tomoya_igarashi

サッカーキッズのお父さんお母さんができるサポート

うちのスクールにはチャレンジ発表会なるものがある。


”ひとつのチャレンジを通じて、多様な価値観を”こんなコンセプトのもと3か月に1回ペースで開催している。


こどもたち、お父さんお母さん、それぞれが"成長を共有できる場”を作りたい。その思いが確かに形になっている。


直近の発表会にはたくさんのお父さんお母さんが足を運んでくれた。


みなさんの忙しさは、僕も理解してるつもりで、この時間を作りだす大変さは共有していると思っている。


そんな中で無理を言って、来てもらうよう促して、それも平日の1番忙しい時間に


たくさんの、普段なかなかお会い出来ないお母さん方にも来て頂いて


ほんとうに嬉しかった。


うちは忙しいからこれないよ。決して悲観的につぶやいた訳じゃないけど、そんな風に言ってた子


サプライズだったのかな?わからないけど


お母さんがいるのを見つけたとき、嬉しそうだった。


色々あって、力が出しきれなかったのか、悔しくて涙を見せてた。普段はそんなそぶり見せないのに。


大丈夫。物語は続く。次の会までにまた、がんばるぞ。


練習以上に力が出せた子、出せなかった子


その一挙手一投足を見届けて、また次の物語へ進んで行く


一喜一憂で上等


出来たも出来なかったもすべて血肉にして


共に歩んで行こうじゃないか。


お父さんお母さん。通常営業の彼らを見ていないみなさんにあえて伝える。


みんな本当に嬉しそうでしたよ。いつもの何倍も何十倍も。


僕ひとりじゃ作り出せなかった空気感を一緒に作り出してもらって、心から感謝します。


物語は続き、3か月後、さらにたくましくなった姿を披露出来るよう、ともに精進します💪



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

成長する選手が持っているもの

往復2時間半以上かけて、通ってくれている小学生。 今月は週末の予定が合わず、平日の学校終わりにきてくれた。 お父さんは送迎のために有給をとってくれたらしい。 1カ月に1回、1時間。だけど必ず伝えたことを覚えて出来るようにしてくる。 口頭で説明して、動作の反復。メモや動画を撮るでもないのに。覚えている。すごい。 彼は真剣なんだと思う。上手くなりたいんだと思う。目標を叶えたいんだと思う。 努力は方向性

"手つかずの価値"スポーツ万能を作るヒント

横浜から相談にきたサッカーキッズはまれにみるスポーツ万能ボーイだった 聞けば幼少期に体操をちょろっと、あとは興味に任せ、木のぼりやアスレチック。上級生との鬼ごっこなど いまでも、週2回は何もない日があって友達と遊んだり、自主練したり 話から伺えるのが"余白"が残されてるってことで、これはめちゃくちゃ大事 いまどきの子って本当に忙しい 毎年スクールのクラス替えをする関係で小学生のスケジュール感はよく

"踏み台"子供運動指導者に必要な考え方

僕は3つのスクール、チーム指導を通じて目的意識の違う、こどもたちと運動をしている。 今日の話は"スポーツ万能スクール"の物語。ここでは運動があまり好きではなく、学校体育もやーらない。そんな子たちが多く来てくれている。 僕は運動は"楽しいものである"と同時にこのからだに生まれた以上、"生涯必要なもの"と定義づけている。 となると... 生涯必要なものが嫌いってのはなかなかしんどいものだよなあ,,,少

bottom of page