top of page
検索
  • tomoya_igarashi

"手つかずの価値"スポーツ万能を作るヒント

更新日:2月1日


横浜から相談にきたサッカーキッズはまれにみるスポーツ万能ボーイだった


聞けば幼少期に体操をちょろっと、あとは興味に任せ、木のぼりやアスレチック。上級生との鬼ごっこなど


いまでも、週2回は何もない日があって友達と遊んだり、自主練したり 


話から伺えるのが"余白"が残されてるってことで、これはめちゃくちゃ大事


いまどきの子って本当に忙しい


毎年スクールのクラス替えをする関係で小学生のスケジュール感はよくわかるんだけど、まあ空いてない


色々な刺激が得られる反面、早期競技特化から怪我が多くなったり、動き過ぎのエネルギー不足から身長が伸びにくくなったり、、、


背を伸ばし、からだを大きくしたいのであれば余白をいれエネルギー温存に努めたいし、やり過ぎの怪我を予防したければ過度な競技特化は避けて然るべき。


"Stay hungry"


いまの子供たちはどうだろうか?


詰め込みすぎて、お腹いっぱいになってやしないだろうか?


次の練習が待ちきれない!そんな感覚があるだろうか?


競技特化していくことは必要で、それは確かなんだけど、じゃあいつから?ってなると今の子達は早すぎるんだと思う。


だから未熟なフィジカルのまま、サッカー仕様のからだが作られ、バランスが悪くなり、怪我する、上達しない、おもしろくない、、、そんな感じ?


もう少し、余白を持って、、遊びから育まれるフィジカルを大事に出来たらいいなあと思っている。


この問題はさまざまな背景が隠れていて一筋縄にはいかない。情報過多な時代に足りない時間、スペース、仲間。


子供が自由に遊び身体能力を築いていく時代は終わったとさえ感じている。


だからこそ、このスクールをやる意義がある。


”大好きなサッカーを怪我なく楽しく”


夢を抱く子供たちの思いを。


子供の成長を笑顔で見守るお父さんお母さんの思いを。


単なるフィジカルスクールでなく、子供の成長を、身体と心身の成長を。


そんな思いで日々子供たちと向き合っている。


てな訳で、この子はうちでのトレーニングはなしの方向にして、くるなら月1で遊びくらいの感覚でと。せっかく"手付かず"で来ているのだから


自然もからだも手つかずが尊い


閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

成長する選手が持っているもの

往復2時間半以上かけて、通ってくれている小学生。 今月は週末の予定が合わず、平日の学校終わりにきてくれた。 お父さんは送迎のために有給をとってくれたらしい。 1カ月に1回、1時間。だけど必ず伝えたことを覚えて出来るようにしてくる。 口頭で説明して、動作の反復。メモや動画を撮るでもないのに。覚えている。すごい。 彼は真剣なんだと思う。上手くなりたいんだと思う。目標を叶えたいんだと思う。 努力は方向性

サッカーキッズのお父さんお母さんができるサポート

うちのスクールにはチャレンジ発表会なるものがある。 ”ひとつのチャレンジを通じて、多様な価値観を”こんなコンセプトのもと3か月に1回ペースで開催している。 こどもたち、お父さんお母さん、それぞれが"成長を共有できる場”を作りたい。その思いが確かに形になっている。 直近の発表会にはたくさんのお父さんお母さんが足を運んでくれた。 みなさんの忙しさは、僕も理解してるつもりで、この時間を作りだす大変さは共

"踏み台"子供運動指導者に必要な考え方

僕は3つのスクール、チーム指導を通じて目的意識の違う、こどもたちと運動をしている。 今日の話は"スポーツ万能スクール"の物語。ここでは運動があまり好きではなく、学校体育もやーらない。そんな子たちが多く来てくれている。 僕は運動は"楽しいものである"と同時にこのからだに生まれた以上、"生涯必要なもの"と定義づけている。 となると... 生涯必要なものが嫌いってのはなかなかしんどいものだよなあ,,,少

bottom of page