top of page
検索
  • tomoya_igarashi

"踏み台"子供運動指導者に必要な考え方

更新日:1月30日

僕は3つのスクール、チーム指導を通じて目的意識の違う、こどもたちと運動をしている。


今日の話は"スポーツ万能スクール"の物語。ここでは運動があまり好きではなく、学校体育もやーらない。そんな子たちが多く来てくれている。


僕は運動は"楽しいものである"と同時にこのからだに生まれた以上、"生涯必要なもの"と定義づけている。


となると...


生涯必要なものが嫌いってのはなかなかしんどいものだよなあ,,,少しでも好きになってくれないかなあ,,,これが僕のスタンス。


みんなスクールを楽しみにしてくれていて、全力で自己表現してくれて、からだを動かす楽しさ少しずつ感じてくれているみたい。


『あんな楽しそうな顔初めてみた』


お迎えに来た保護者からそんな連絡をもらうこともしばしば。特別なことはなくて、ただただ、楽しく、子供の目線で遊ぶ。(そこにフィジカル要素を入れていくのがミス)


それだけです。


そして、今日。改めてこのスクールの存在意義を認識した。


"踏み台"だ


いまよりもちょっと高いところに手を伸ばす


そんなときの助けになる踏み台


なにかを修練するでもなく、ただただ、踏み出す勇気と踏み出した一歩を支えるそんな踏み台


一年半前、運動が苦手で嫌いそんな感じで入ってきた子が


今月で卒業すると言う


その理由はバスケを始めるからと


悲しい報告と言って話し始めたその子は嬉しそうにしている僕のリアクションを不思議に思ったらしい。


このやりとりを経て

僕はこういう橋渡しがしたかったんだなぁと


改めて再確認したっていう話。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

成長する選手が持っているもの

往復2時間半以上かけて、通ってくれている小学生。 今月は週末の予定が合わず、平日の学校終わりにきてくれた。 お父さんは送迎のために有給をとってくれたらしい。 1カ月に1回、1時間。だけど必ず伝えたことを覚えて出来るようにしてくる。 口頭で説明して、動作の反復。メモや動画を撮るでもないのに。覚えている。すごい。 彼は真剣なんだと思う。上手くなりたいんだと思う。目標を叶えたいんだと思う。 努力は方向性

サッカーキッズのお父さんお母さんができるサポート

うちのスクールにはチャレンジ発表会なるものがある。 ”ひとつのチャレンジを通じて、多様な価値観を”こんなコンセプトのもと3か月に1回ペースで開催している。 こどもたち、お父さんお母さん、それぞれが"成長を共有できる場”を作りたい。その思いが確かに形になっている。 直近の発表会にはたくさんのお父さんお母さんが足を運んでくれた。 みなさんの忙しさは、僕も理解してるつもりで、この時間を作りだす大変さは共

Comments


bottom of page